法事・法要について|横浜で最も低料金の火葬・密葬・家族葬なら株式会社ケアーズコーポレーションへ

株式会社ケアーズコーポレーション
法事・法要について
対応宗派 浄土真宗(西)・浄土真宗(東)・浄土宗・天台宗・真言宗・臨済宗・曹洞宗・日蓮宗
※上記以外に、仏教宗派、神道、キリスト教などによる葬儀のご相談もお受けいたします。

●お盆の正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言います。
全国的には、8月15日頃がお盆となりますが、東京や横浜市を始め、一部区域においては、7月15日にお盆を行うところもあります。

お盆は、ご先祖様や亡くなった方の霊が帰ってくる日だとされており、その霊を祀るための行事を行います。
また、初盆・新盆とは、告別式より四十九日が経過してから初めて迎えるお盆のことを言います。

初盆・新盆・お盆は寺院の手配が予約で埋まりやすいため、2ヶ月前程からご準備いただけると良いかと思います。
プランに含まれるもの
プランに含まれるもの

寺院・僧侶・お食事・送迎バスなどは、当社が格安にて手配させていただきますので、遠慮なくお申し付けください。

法事と法要の違い

法要と法事を混在してしまう方もいるかもしれません。法要とは、住職に依頼してお経をあげてもらうことを指します。故人を偲んで冥福を祈るために行うことから、「追善供養」と呼ぶこともあります。法要は、故人が生前に巡り合わせてくれた人と人とのつながりを再確認する場であり、故人への感謝の気持ちや自分自身の気持ちを見つめ直す場でもあります。
この法要を行うところから、後席の会食などを総合したものが、「法事」と呼ばれています。

仏教の場合には、「初七日」、「四十九日」、「一周忌」などとして、法要を行う日取りが定められています。

法事・法要について
法要の時期

宗派によって葬儀での考え方は異なるものですが、日本においては仏教の考えに基づいて行われるケースが多いです。仏教の場合は、亡くなってから四十九日が経つまで(中陰)を忌中とし、その四十九日目(満中陰)になると来世が決まるとされています。そして、それに合わせて法要が行われます。また、「初七日」、「七七日(四十九日)になると、ご親族や友人を招き、法事を執り行うこととなります。
他にも忌日はありますが、基本的にはご遺族のみで行うケースが多いです。
忌日法要と年忌法要の時期や内容は、以下をご参考ください。

法要の種類 時期 内容
初七日(しょなのか) 7日目 命日も含め、7日目のことを指し、ご遺族、ご親族、ご友人で供養をします。
住職が読経をし、焼香を終えたら会食をします。
近年は、「還骨勤行」と合わせて葬儀当日に行うことも多いです。
二七日(ふたなのか)
三七日(みなのか)
四七日(よなのか)
五七日(いつなのか)
六七日(むなのか)
14日目
21日目
28日目
35日目
42日目
住職をご自宅に迎え、読経をしてもらいます。
基本的には遺族のみで行います。
七七日(なななのか) 49日目 ご遺族・ご親族・ご友人で、忌明けの法要を行います。法要が終わったら会食があります。
百か日 100日目 遺族のみで行います。近年では、四十九日と同日に行うことも多いです。
一周忌 満1年目 ご遺族、ご親族、ご友人で行われます。一般的には、四十九日と同じ規模です。
三回忌 満2年目 ご遺族、ご親族、ご友人で供養を行います。一周忌に比べると規模は小さいです。
七回忌
十三回忌
十七回忌
二十三回忌
二十七回忌
三十三回忌
6年目
12年目
16年目
22年目
26年目
32年目
遺族・親族で供養します。
七回忌以降は、法要の規模を小さくしていくのが一般的であり、三十三回忌、または、五十回忌をもって弔い上げ(年忌法要の終了)とすることが通常です。

このページの先頭に戻る